天恵菇(てんけいこ)

天恵菇(てんけいこ)
天恵菇(てんけいこ)
SOLD OUT

天恵菇(てんけいこ)は協同組合「日本茸師の会(徳島県)」のもと、高野キノコプラントにより開発された巨大椎茸です。

2002年に誕生しましたが、最初は形が悪く、何より栽培が難しく開発はとん挫しました。

しかしその大きさから子供たちに好評で、少しづつ改良を続け、形のよい大きな椎茸を育てることができるまで10年の年月がかかりました。

「なばし天415号」という品種で、直径7cm以上の形の良いものが「天恵菇」として市場に出すことができます。10個の菌床から1個しかその条件にあったものが出来ず、「希少なプレミアム椎茸」と言われる所以です。

旨味が通常のしいたけの3倍もあり、雑味や苦みが少ないのが特徴です。
誰もが驚くその見た目の大きさもあって、全国の料理人の創作意欲を刺激し、従来の椎茸レシピとはまた違う全く新しい料理が生まれています。

とにかく芳醇な旨味!その大きさ!肉厚でまるでアワビのような天恵菇はとても人気があります。

当農園が栽培する魚沼の天恵菇は、魚沼の大自然を贅沢に利用できます。
越後三山からのミネラル豊富で水量も豊富な雪解け水を1年中利用できますし、昼夜の寒暖差も美味しい天恵菇ができる条件のひとつです。

通常天恵菇は生産できる期間が限られていますが、牛木きのこ園では1年中生産が可能です。

(画像はイメージです。実際の商品とはデザイン・仕様が一部異なる場合がございます。)

¥2,268 (税込)

在庫切れ

カテゴリー:

タグ:

名称 天恵菇(てんけいこ)
生産地 新潟県南魚沼市
内容量 中サイズ(約7〜10cm)×10枚
販売時期 通年

牛木きのこ園

牛木きのこ園の生産者画像

新潟県南魚沼市の自然豊かな地域で、プレミアム椎茸「天恵菇(てんけいこ)」を通年栽培しています。

先人達が築き上げた過程、土台と技術と信頼を。
また、新たな時代に繋ぐ天恵菇栽培に挑戦しています!

この生産者の商品はこちら >>

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。